April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本でもお馴染み ダニエル・ローマンが引退 元S・バンタム級2団体統一王者

日本でもお馴染み ダニエル・ローマンが引退 元S・バンタム級2団体統一王者

2022年8月31日 9時52分

元WBAスーパー&IBF世界S・バンタム級王者のダニエル・ローマン(32=米、写真)が自らのSNSで引退を表明した。

ローマンは2017年9月、島津アリーナ京都でWBA・S・バンタム級王者の久保隼に9回TKO勝ちを収めて世界王座に就いた。翌年2月には後楽園ホールで松本亮(大橋)を退けて初防衛に成功した。

19年4月、4度目の防衛戦でIBF王者TJ・ドヘニー(オーストラリア)に勝利してIBF王座を吸収、2冠王者となった。翌年1月、現王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)に敗れて王座陥落。今年6月、2年半ぶりの世界戦でWBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米)に敗れ、これがラストファイトになった。戦績は34戦29勝10KO4敗。

ツイッターでファンや関係者、すべての人たちに感謝の意を表わしたローマン。飾らない誠実な人柄で、来日時の評判も高かった。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事