June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本S・フェザー級6位の奈良井翼 亀田興毅氏の「3150ファイト」契約選手第1号に

日本S・フェザー級6位の奈良井翼 亀田興毅氏の「3150ファイト」契約選手第1号に

2022年10月6日 19時03分

 RK蒲田ボクシングファミリーの柳光和博会長、所属の日本S・フェザー級6位の奈良井翼、3150ファイトのプロモーター亀田興毅氏が6日、都内のRK蒲田ジムで記者会見を開き、奈良井が3150ファイトの契約選手第1号になったことを発表した。

左から亀田氏、奈良井、柳光会長

 奈良井は9月17日の「3150ファイトサバイバル」のメインで日本S・フェザー級王者の坂晃典(仲里)に挑戦。6回TKO負けに終わったものの、ダウン応酬の激しいファイトで会場を沸かせた。この試合に「胸を打たれた」という亀田氏が奈良井と柳光会長に契約を打診した。

 亀田氏は「奈良井選手は22歳とまだ若いし、未来を見てみたいと思わせる選手。しっかり選手にストーリーを作って、奈良井選手のことを世の中の人に知ってもらいたい。1、2試合ではなく、5、6試合は必要」とコメント。3150ファイトに継続して出場することで、奈良井を売り出していく方針だ。

 詳細は明かさなかったものの契約金があり、契約期間や試合数は今後詰めていく。3150ファイトは奈良井に試合のチャンスを作るほか、状況に応じて海外合宿などもサポートする。出場試合は3150ファイトが基本路線ながら、もし他の興行で大きなチャンスがあった場合は柔軟に対応する。

 奈良井は「前回の試合に負けたのにビッグな話をいただいて驚いている。世界チャンピオンになれるようがんばりたい」と抱負を語った。早ければ1月6日にエディオンアリーナ大阪で予定している3150ファイトが復帰戦の舞台になるという。

 柳光会長は「ジムと選手とプロモーターの3者契約。興毅さんの『ジムの移籍は絶対にさせない』という考えもあって、そこにかけてみたいと思った。僕らの仕事は試合で見せていくこと」と語り、3者一体となって高みを目指すことを強調した。

Related article
関連記事