April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > パーカーとライダーでWBO・S・ミドル級暫定王座決定戦 元2階級王者アンドラーデは撤退

パーカーとライダーでWBO・S・ミドル級暫定王座決定戦 元2階級王者アンドラーデは撤退

2022年10月20日 10時01分

 WBO・S・ミドル級暫定王座決定戦が11月26日、ロンドンのO2アリーナで開催されることになった。同級3位ザック・パーカーと同4位ジョン・ライダーによる英国対決。クイーンズベリープロモーションズが発表した。

 パーカーは5月、S・ミドル級進出を表明したWBOミドル級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)と暫定王座決定戦を行う予定だったが、アンドラーデが肩の負傷を理由にこれをキャンセル。再度指令が出たもののアンドラーデは出場を望まず、パーカーとライダーによる王座決定戦となった。

 同プロモーションのフランク・ウォーレン氏は「私たちはザックとアンドラーデが対戦することを望んでいたが、アンドラーデが2度の撤退をしたことで、2番手候補のライダーとより大きな英国対決が可能になった」と前向きに発言。勝者は4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の指名挑戦者になること、またはカネロが王座を返上する可能性にも触れた。

 パーカー(28=22勝16KO)はまだビッグネームとの対戦はなく、今回が世界初挑戦となる。“ザ・ゴリラ”ライダー(34=31勝17KO5敗)は19年にWBA・S・ミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)に挑戦失敗。その後は3連勝で、直近の今年2月には元ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米)を2-1判定で下している。

Related article
関連記事