日本語

Home > ニュース > 亀田京之介が一撃で3回KO勝ち 来年のタイトル挑戦狙う
ニュース

2022年11月20日 日曜日

亀田京之介が一撃で3回KO勝ち 来年のタイトル挑戦狙う

 ハラダジム主催の「ファイティングビートボクシング」は19日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第二競技場で行われ、メインのフェザー級8回戦は、OPBF同級12位、日本同級15位の亀田京之介(24=ハラダ)がベテランの金井隆明(36=デァマンテ)を3回に右一撃でKO勝ち、再起2戦目を飾った。

右ストレートで快勝した亀田

◇フェザー級8回戦
亀田京之介(ハラダ)[KO3回35秒]金井隆明(ディアマンテ)
 亀田がスピードあふれる攻撃で圧倒した。立ち上がりはジャブで金井の出方を探ったが、2回から一気に攻めに転じた。右ボディも突き刺し、金井の前進を止めた。3回は金井が出てきたところに右ストレートをドンピシャで決めてダウンを奪った。

 なんとか立ち上がった金井だが、足元が定まらず主審がテンカウントを数え上げた。「金井選手が前に来たので手ごたえはありました。来年は那須川天心がプロ入りしたらぜひやってみたい。もちろんタイトルもチャンスが来れば狙います」と自信たっぷりに語った。亀田は9勝7KO3敗1分。敗れた金井はリング上で引退を発表した。戦績は9勝4KO11敗。

敗れた金井は引退を宣言

Related

関連記事