日本語

Home > ニュース > 元空手&キック王者の谷山佳菜子か、元アマ王者の晝田瑞希か あすWBO女子S・フライ級王座決定戦
ニュース

2022年11月30日 水曜日

元空手&キック王者の谷山佳菜子か、元アマ王者の晝田瑞希か あすWBO女子S・フライ級王座決定戦

 あす12月1日、後楽園ホールのDANGAN興行の計量が30日、日本ボクシングコミッションで行われた。メインのWBO・S・フライ級王座決定10回戦は、日本バンタム級王者の谷山佳菜子(ワタナベ)がリミットの52.1キロ、元アマチュア全日本選手権覇者の晝田瑞希(三迫)が51.7キロで合格した。

ともに世界初挑戦の谷山(左)と晝田

 元極真空手世界王者でキックボクシングでも3つのタイトルを獲得している谷山は、同門の世界王者、谷口将隆や故郷である熊本の空手道場でともに汗を流したことのある重岡優大・銀次朗兄弟ら男子トップ選手とのマスボクシングを通して自身初となるサウスポー対策、晝田のスピード対策を進めてきた。

 1階級下げての世界挑戦となるが、「早めに減量に入って体調はいい」と谷山。格闘技人生20年目という節目で迎える世界初挑戦に「運命を感じる」と話した35歳は「倒して勝ちます」とKO勝利を宣言した。

 プロ4戦目で世界タイトルマッチを迎えた晝田はアマチュアで全日本選手権を2度制し、東京五輪で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)とオリンピック代表を争ったキャリアを持つ。先日開催されたアマチュアの全日本選手権を視聴し、「レベルが高かった。あそこで自分が2度優勝していると思うと刺激を受けた」とモチベーションを上げた。

 体格で勝る谷山対策としてこちらも男子選手に相手をしてもらい、スパーリングは100ラウンド以上を重ねて準備してきた。「ピンクのベルトは私が獲る運命」、「明日は最強無敵の私を見せることができると思います」と自信のコメントで勝利をアピールした。

 グローブは谷山が赤のレイジェス、晝田が白のウイニング。2人のストーリーはDANGAN noteから。
谷山→ https://note.com/dangan_box/n/n39d69a9fd686
晝田→ https://note.com/dangan_box/n/nce00e538202c

藤原(右)はオュンツェツェグとタイトル戦

 セミのWBOアジアパシフィックS・バンタム級王座決定戦は、藤原茜(ワタナベ)がリミットの55.3キロ、イェスゲン・オュンツェツェグ(モンゴル)が54.6キロであすの試合に進んだ。

 藤原(5勝2KO1敗1分)は6月、日本フェザー級タイトルマッチで王者の三好喜美佳(川崎新田)と引き分けた試合に続いてのタイトルマッチ。アマで世界選手権ベスト8、アジア選手権銅メダルのオュンツェツェグ(1勝)を下し、自身初となるベルト獲得を目指す。

藤原 DANGAN note→ https://note.com/dangan_box/n/n851e7b61a654

 なお、あすのイベントでは元WBAアトム級、IBFアトム級王者、宮尾綾香(ワタナベ)の引退式も行われる。

Related

関連記事