日本語

Home > ニュース > 最新日本ランキング 高田勇仁、長谷部守里、青山功、石井龍誠、足名優太らランク入り
ニュース

2022年11月30日 水曜日

最新日本ランキング 高田勇仁、長谷部守里、青山功、石井龍誠、足名優太らランク入り

 日本ボクシングコミッション(JBC)が30日付で最新11月度の日本ランキングを作成した。新チャンピオンの座にはミニマム級の重岡優大(ワタナベ)、S・ウェルター級の出田裕一(三迫)が就いた。またライト級の宇津木秀(ワタナベ)とヘビー級但馬ミツロ(KWORLD3)がそれぞれ防衛に成功した。

ランク入りした青山(左)と高田

 新たにランク入りしたのはミニマム級3位の高田勇仁(ライオンズ)、同6位長谷部守里(三迫)、S・フライ級8位青山功(セレス)、フェザー級11位石井龍誠(金子)、S・ウェルター級3位足名優太(金子)の面々。

 その一方、L・フライ級山下祥希(KG大和)やS・ウェルター級越川孝紀(一力)らがランキングから外れた。越川は減量に失敗し先のS・ウェルター級挑戦者決定戦を棄権したため、当面JBC預かりとなる。また元王者の粉川拓也(角海老宝石)や上原拓哉(三迫)らが13位以下に降下した。

Related

関連記事