July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBAライト級王者デービス V4で4月のガルシア戦へ ウェルター級エニスは判定勝ちに終わる

WBAライト級王者デービス V4で4月のガルシア戦へ ウェルター級エニスは判定勝ちに終わる

2023年1月8日 17時39分

 米ワシントンDCのキャピタルワン・アリーナで7日(日本時間8日)行われたWBAライト級レギュラー王者ジェルボンテ・デービス(米)と挑戦者WBA・S・フェザー級王者エクトル・ルイス・ガルシア(ドミニカ共和国)のタイトルマッチはデイビスが8回終了TKO勝ち。4度目の防衛を果たし、4月に予定されるライアン・ガルシア(米)とのビッグマッチに弾みをつけた。

デービス(左)は王者対決に8回終了TKO勝ち

 偵察戦の立ち上がりの後、サウスポー対決はガルシアが2、3回、左強打を決めて先制する。4回にも左を決めたガルシアにデービスが打ち返し、観衆が沸く。5回、またも左強打を見舞ったデービスは7回にもパワーパンチで優勢に進める。

 迎えた8回、左ストレートを痛打したデービスが畳みかけてドミニカ人を追い込む。そうすると9回開始前のインターバルでガルシアは棄権の意思表示。デービスの手が上がった。ガルシアは「目が見えない」、「左拳が痛い」と語ったという。

 デービス(28)は28勝26KO無敗。初黒星のガルシア(31)は16勝10KO1敗3無効試合。WBAライト級スーパー王者には4団体統一王者のデビン・ヘイニー(米)が君臨する。

エニス(右)はフルマーク勝ちだった

 セミのIBFウェルター級暫定王座決定戦は、王者候補の同級1位ジャロン・エニスが4位カレン・チュカジャン(ウクライナ)に3ジャッジ一致の120-108の完封勝利。戴冠したもののフルラウンドの戦いを強いられたエニスは30勝27KO無敗1無効試合。ディフェンスモードのチュカジャン(21勝11KO2敗)に対し、期待外れの内容に終わった。

S・ミドル級初戦に大勝のアンドラーデ(左)

 また、IBFウェルター級2位決定戦は10位ロイマン・ビジャ(コロンビア)が最終12回に2度ダウンを奪って9位ラシディ・エリス(米)に番狂わせの2-0判定勝ち。スコアカードは114-112が2者に113-113でビジャ。一方、前WBOミドル級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)は2回と10回にダウンを奪い、デモンド・ニコルソン(米)に100-88×3の大勝。アンドラーデはS・ミドル級進出初戦を飾った。Photos from Amanda Westcott/SHOWTIME®

Related article
関連記事