June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・バンタム級戦線白熱 元2階級制覇王者ネリがWBC挑戦者決定戦 2.18ホバニシアンと

S・バンタム級戦線白熱 元2階級制覇王者ネリがWBC挑戦者決定戦 2.18ホバニシアンと

2023年1月26日 8時38分

 WBC・S・バンタム級挑戦者決定戦、1位ルイス・ネリ(メキシコ)vs.2位アザト・ホバニシアン(アルメニア=米)が2月18日、ロサンゼルス郊外ポモナのFOXシアターで開催されることになった。25日、主催のゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)がメディアに通達した。

 元WBCバンタム級&S・バンタム級王者ネリ(33勝25KO1敗=28)は2階級制覇に成功した後、2021年8月、ブランドン・フィゲロア(米)にKO負けで王座転落。昨年2月の復帰戦でカルロス・カストロ(米)に判定勝ちでWBCとWBOの地域タイトルを獲得。10月の最新戦でベテランのダビ・カルモナ(メキシコ)をストップした。

 試合が決まりネリは「アザト・ホバニシアンは経験豊富な強い相手だけど勝ってスティーブン・フルトンとムロジョン・アフマダリエフの勝者と対決したい。彼らは俺を避けて通れない」と相変わらず強気な発言だ。

 対するホバニシアン(21勝17KO3敗=34)は18年5月、WBC・S・バンタム級王者レイ・バルガス(メキシコ)に挑戦し判定負け後7連勝6KO中。ロサンゼルスのワイルドカードジムを拠点にトレーニングを行い2度目のチャンスをつかんだ。「ネリは元チャンピオンで才能豊かなファイター。勝つためにすべてをつぎ込まなければならない」と決意を明かす。

 WBC王者はWBOとの統一王者フルトン。フルトンは前バンタム級4団体統一王者井上尚弥(大橋)の挑戦を受ける話が浮上しており、今後ネリvs.ホバニシアンの勝者が絡む展望も予想される。日本のファンにも関心が高い一戦となりそうだ。

 プロモーターはGBPとネリを擁するメキシコのサンフェル・ボクシングの共同プロモーション。DAZN視聴料が中継する。

Related article
関連記事