June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 王座はく奪のコルディナ、ラヒモフと仕切り直しIBF・S・フェザー級王座挑戦

王座はく奪のコルディナ、ラヒモフと仕切り直しIBF・S・フェザー級王座挑戦

2023年2月15日 15時46分

■前IBF・S・フェザー級王者ジョー・コルディナ(英)が現王者シャフカッツ・ラヒモフ(タジギスタン)と4月22日、英国カーディフのカーディフ・インターナショナル・アリーナで対戦する運びになった。コルディナは昨年6月、尾川堅一(帝拳)に挑み、2回一撃KO勝ちで王座奪取。しかし右拳を骨折したためラヒモフとのV1戦が流れ、IBFは王座をはく奪。11月、アブダビで行われたゼルファ・バレット(英)との決定戦でベルトを獲得したラヒモフに挑戦する。

コルディナ

■プロデビュー以来16試合連続初回KO勝ちをマークして注目を集めたS・ミドル級ランカー、エドガー・ベルランガ(プエルトリコ=米)がエディ・ハーン氏のマッチルーム・ボクシングと複数試合の契約を結んだ。話題を集め期待されたベルランガは17戦目から4試合連続判定勝利で壁にぶつかっていた。1月末、トップランクとの契約が打ち切られた後、マッチルーム社のほかにもGBP、OBCなど大手プロモーションがオファーを送っていた。心機一転のベルランガはカネロ・アルバレス挑戦を目標に掲げる。

■ロサンゼルス郊外で23年にわたりイベントを開催してきたプロモーター、ケン・トンプソン氏が13日、死去した。85歳だった。「トンプソン・ボクシング」を運営した同氏は建築材料の製造販売業で財を成し、ボクシング業界に進出。元S・バンタム級2団体王者ダニエル・ローマン、元IBFバンタム級王者ジョニー・ペレス、元ウェルター級ランカーのホセシート・ロペスらをプロモート。自社の敷地で試合を開催するなど情熱的にボクシングに関わった。

Related article
関連記事