July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・ミドル級決戦 ベナビデスとプラントが元王者対決 フェイスオフで一触即発

S・ミドル級決戦 ベナビデスとプラントが元王者対決 フェイスオフで一触即発

2023年3月25日 10時51分

明日25日(日本時間26日)ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されるS・ミドル級12回戦の計量が24日行われ、元WBC・S・ミドル級王者デビッド・ベナビデス(米)が166ポンド3/4(75.64キロ)、前同級IBF王者カレブ・プラント(米)が167ポンド1/4(75.86キロ)を計測。リミットの168ポンドに合格した。試合はベナビデスが保持するWBC・S・ミドル級暫定王座がかけられる。

一触即発のベナビデス(左)とプラント

計量が終わりフェイスオフでののしり合いを始めた両者、プラントの左手がベナビデスのアゴに触れ一触即発の雰囲気となった。「我々がどれだけ好き合っているかわかっただろう」とジョークを飛ばしたプラントは「明日は火花が飛び散る試合になる。シャーラップ!明日リングで会おう」と言い残し、ステージから去った。

一方、ベナビデスは「100パーセント準備ができている」とFワードを交えて反撃。ウエートがリミットをかなり下回ったことを聞かれると「今週に入ってからすでにリミットに落ちていた。それだけ状態がいい」と自信のコメント。ステージからグローブをファンに投げ、前景気を煽った。

セミのS・ウェルター級10回戦は、同級ランカーのヘスス・ラモス(米)、白人ホープのジョーイ・スペンサー(米)とも153ポンド1/4(69.51キロ)をマークした。Photo by Esther Lin / SHOWTIME

Related article
関連記事