July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

36°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 最強女子王者シールズがミドル級4団体王座防衛 KO逃すも大差判定勝ち

最強女子王者シールズがミドル級4団体王座防衛 KO逃すも大差判定勝ち

2023年6月4日 22時49分

 女子ミドル級4団体統一王者のクラレッサ・シールズ(米)が3日(日本時間4日)、米デトロイトのリトル・シーザース・アリーナで防衛戦を行い、挑戦者マリセラ・コーネジョ(米)に大差判定勝ちを収めた。スコアは100-90×2、100-89。

 女子の重量級で圧倒的な強さを見せるシールズがこの日もその実力を遺憾なく発揮した。初回からスピードとパワーで上回り、ジャブ、右ストレート、右オーバーハンドでコーネジョに迫る。それでも体格で上回るコーネジョはパンチを食らいながらもシールズに食らいついた。

 ノックアウトを狙うシールズは攻撃の手を緩めず、最終回も多彩なパンチでコーネジョに迫ったが、コーネジョがタフネスぶりを発揮して判定決着となった。

 試合後、シールズは「ノックアウトを狙って何度もチャンスがあったけど彼女はタフだった」と挑戦者を称えた。五輪2大会金メダリストのシールズは14勝2KO無敗。奮闘した36歳のベテラン、コーネジョは16勝6KO6敗。

Related article
関連記事