2015年11月26日木曜日

ララがザベックを一蹴、3回TKOで3度目の防衛成功

 25日(日本時間26日)米フロリダ州ハイアレーのハイアレー・パーク・レーシング&カジノで挙行されたWBA世界S・ウェルター級“レギュラー”王座タイトルマッチは、王者エリスランディ・ララ(キューバ=写真)が挑戦者8位ヤン・ザベック(スロベニア)に3回41秒TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。

 この日のララはスタートからアグレッシブに対処。サウスポースタイルから左ストレートを中心にシャープなパンチを決めてザベックを攻め立てる。2回にも劣勢に立ったザベックに3回、キューバ人のコンビネーションが襲撃。ロープに詰まったザベックはたまらず背を向ける体勢となり、レフェリーがストップに入った。挑戦者は右肩を痛めたような発言をしたが、真相は定かではない。

 セミではWBC&WBOバンタム級7位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がエリエセル・アキノ(ドミニカ共和国)に7回2分44秒TKO勝ち。WBAフェデラテン&WBCラティーノ暫定バンタム級王座を防衛した。