July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > カネロと対戦のチャーロ リング誌PFPランキングに不満 2階級で4団体制覇に意欲

カネロと対戦のチャーロ リング誌PFPランキングに不満 2階級で4団体制覇に意欲

2023年8月18日 15時41分

 9月30日にラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催されるサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とジャーメル・チャーロ(米)による比類なき王者対決のプレゼンテーションが前日のニューヨークに続き16日(日本時間17日)ロサンゼルスのビバリーヒルズで開催された。

ロサンゼルスに登場したカネロ(左)とチャーロ

 ニューヨークの会見同様、最近2試合の出来がよくなかったことを認めたカネロは「今回は違った姿をお見せする」とアピール。そして「2人をリスペクトしないということではないが、ジャーメルの方がジャモールよりも攻略が難しく、ベターな選手だと思う」と双子のチャーロ兄弟を比較し、対戦するS・ウェルター級4団体統一王者を持ち上げた。

 そして「彼らは私が一見、イージーな相手に見えるかもしれないが、リング外の私はリング内とまったく違う男だ」と本番に強いことを強調した。

 対する2階級越えでカネロのS・ミドル級4団体統一王座に挑むチャーロは「私のスピードとパワーはサプライズを起こす。私は彼が思っているよりストロングだ」と自信満々。そしてリング誌のパウンド・フォー・パウンド・ランキングに自分の名前がないことに不満を表した。

 会見に出席したリング誌のダグ・フィッシャー編集長を名指しで批判する場面もあった。またWBO暫定王者ティム・チュー(豪州)が自分に代わり正規王者に昇格することにも不満を示した。だが最後に「2階級で比類なきチャンピオンに就いてみせる」と宣言した。Photo by Esther Lin / SHOWTIME

Related article
関連記事