July
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 保田克也がWBO-APライト級V3戦 7.9フェニックスバトル 日本1位の石井渡士也、森且貴も出場

保田克也がWBO-APライト級V3戦 7.9フェニックスバトル 日本1位の石井渡士也、森且貴も出場

2024年5月17日 18時55分

 WBOアジアパシフィック・ライト級王者の保田克也(大橋=写真)が7月9日、後楽園ホール「フェニックスバトル」で同級10位プレスコ・カルコシア(フィリピン)と3度目の防衛戦を行う。大橋ジムが17日、明らかにした。

 中央大出身のサウスポー保田は13勝8KO1敗。世界ランキングはWBO11位にランクされている。カルコシアは12勝9KO3敗1分。22年7月に来日、元WBO-AP・S・フェザー級王者の森武蔵(志成)に判定負けしている。

 同じリングでは、日本S・バンタム級1位の石井渡士也(RE:BOOT)がフィリピン同級5位エドワード・ヘノと同級8回戦を行う。石井は昨年10月、日本王者の下町俊貴(グリーンツダ)と引き分けて以来のリングとなる。ヘノは元東洋太平洋L・フライ級王者。

 ほかに日本ミニマム級1位の森且貴、日本同級9位の石井武志、バンタム級の田中湧也(すべて大橋)も出場。それぞれタイ人選手と8回戦を行う。3選手とも再起戦だ。イベントの模様はFODでライブ配信、後日フジテレビで放送される。

Related article
関連記事