July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 那須川天心と対戦のグスマンが調整完了「信じられないチャンスもらった」

那須川天心と対戦のグスマンが調整完了「信じられないチャンスもらった」

2023年9月9日 19時27分

 18日の東京・有明アリーナで那須川天心(帝拳)とS・バンタム級8回戦を行うルイス・グスマン(メキシコ=写真)がフェイスブックの映像で調整ぶりを公開。日本へ向かう意気込みを語った。グスマンは同国のフアン・フローレスが新型コロナウィルスに感染して出場できなくなり代役として抜擢された。

 グスマンは1995年12月27日メキシコ・タバスコ州ビジャエルモサ出身の27歳。13年9月、地元でプロデビュー。昨年5月にメキシコ・バンタム級王座に就き、これまで1度防衛。トレーナー兼マネジャーは日本で西岡利晃、石井広三、杉田真教と対戦したサミー・ベントゥーラ(48歳)。同氏がビジャエルモサで運営するジムで汗をかく。

 話題豊富な那須川と対戦する機会が舞い込んだグスマンは「信じられないチャンスをもらった。私は日本で重要な役割を演じる」と引き立て役に甘んじないと宣言。「スパーリングを完了して満足している。あとは体重をケアするだけ。我々は日本で勝つ可能性がある」とアピールする。

 スパーリングの映像では大柄な相手に右強打を打ち込むなどメキシカンファイターらしい一面を感じさせる。また日本のリングに上がったベントゥーラ氏の存在は「心強い」と語っている。これまで10勝6KO2敗。ニックネームは“キコ”。夫人との間に女児がいる。

Related article
関連記事