July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元女子世界王者の真道ゴー 12.10準公式試合の相手決まる「男子プロボクサーとの殴り合い楽しみ」

元女子世界王者の真道ゴー 12.10準公式試合の相手決まる「男子プロボクサーとの殴り合い楽しみ」

2023年10月26日 14時06分

 グリーンツダジムの本石昌也会長は26日、性別適合手術を受け、戸籍を変更して男性になった元WBC女子世界フライ級王者、真道ゴー(36=グリーンツダ)のバンタム級準公式試合の対戦相手が決まったと発表した。

対戦相手に決まった石橋

 相手は21年9月デビューで2勝2敗1分の石橋克之(35=姫路木下)。12月10日に大阪市のエディオンアリーナ第2競技場でのジムの主催興行のセミの前に準公式試合が組み込まれる。JBCのレフェリー、ジャッジがつき、8オンスグローブを使用、3分3ラウンドで戦う。関西のリングで準公式試合が行われるのは初めて。

 真道は和歌山市で妻と4人の子どもと暮らしており、子どもたちに「お父ちゃんの戦っている姿を見せたい」と男性ボクサーとして復帰を目指している。しかし、試合での安全管理を考慮したJBCの決定でプロテストは行われず、特例でプロ興行の中で実施する準公式試合に出場が認められた。

 7年半ぶりの実戦が決まった真道は「現役プロ選手と対戦できることをうれしく思っています。石橋選手は現役のプロで活躍している中で準公式試合に出場し、試合をしていただけることに感謝しております。いよいよリングで男子プロボクサーと試合ができる、男子プロボクサーと殴り合いができる、自分自身本当に楽しみにしています。先のことは考えず12月10日に向け全力で頑張ってまいります」とコメントした。

Related article
関連記事