March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

10°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > 下町俊貴ら3王者が防衛テープ伸ばす 新ランクは山本、辻本 11月度日本ランキング

下町俊貴ら3王者が防衛テープ伸ばす 新ランクは山本、辻本 11月度日本ランキング

2023年11月29日 13時55分

 日本ボクシングコミッション(JBC)は28日、最新11月度の日本ランキングを作成した。今月は王座の交代がなく、ミニマム級高田勇仁(ライオンズ)、フライ級飯村樹輝弥(角海老宝石)、S・バンタム級下町俊貴(グリーンツダ)の3王者がそれぞれ防衛に成功した。

10月31日のタイトルマッチで激闘の末ドロー防衛を果たしたS・バンタム級王者下町㊧

 ランカー勢にも大きな変動はない。新たにランキング入りしたのはS・ライト級8位の山本ライアンジョシュア(ワタナベ)とS・ウェルター級10位の辻本純兵(帝拳)の2人。

 またS・ライト級3位だった湯場海樹(ワタナベ)がウェルター級に階級を上げた(同級7位にランク)。ちなみに湯場はライト級で日本ユースタイトルを保持している。今月、日本ランキングから外れた選手はいなかった。

Related article
関連記事