July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本S・ライト級王者の藤田炎村 12月MVP 敢闘賞は坂井祥紀 新鋭賞に高見亨介

日本S・ライト級王者の藤田炎村 12月MVP 敢闘賞は坂井祥紀 新鋭賞に高見亨介

2023年12月28日 17時17分

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は28日、12月の月間三賞を発表。最優秀選手賞には日本S・ライト級チャンピオンの藤田炎村(三迫)が選ばれた。

敢闘賞の坂井(左)とMVPの藤田

 藤田は12日のイベントで、挑戦者6位の関根翔馬(ワタナベ)に持ち前の強打を爆発させて4回TKO勝ち。2度目の防衛を成功させ、これで日本タイトルマッチは3試合連続のKO勝ちとなった。

 敢闘賞は日本ウェルター級王者の坂井祥紀(横浜光)が選出された。坂井は2日の防衛戦で4位のシーサー皆川(平仲BS)と対戦。3回にダウンを奪い、後半は粘る皆川を振り切って判定勝ちでV2を達成した。

 新鋭賞は高見亨介(帝拳)。日本L・フライ級4位の高見は109ポンド契約8回戦で、元東洋太平洋ミニマム級王者、ベテランのリト・ダンテ(フィリピン)に大差の3-0判定勝ちを収めた。表彰式は1月26日、後楽園ホール「DANGAN」内で行われる予定。 

Related article
関連記事