July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ドーピング違反のライアン・ガルシアに1年間出場停止処分 試合は無効試合 本人は引退を発表

ドーピング違反のライアン・ガルシアに1年間出場停止処分 試合は無効試合 本人は引退を発表

2024年6月21日 14時07分

 4月20日ニューヨークのバークレイズ・センターで行われたWBC・S・ライト級王者デビン・ヘイニー(米)との試合で、違反物質オスタリンの陽性反応が出たライアン・ガルシア(米)に対して20日(日本時間21日)ニューヨーク州アスレチック・コミッションが処分を下した。

ガルシア(右)。4月のヘイニー戦から

 ガルシアは1年間の出場停止とプロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズへの違約金120万ドル(約1億8000万円)とコミッションへの罰金1万ドル(約150万円)の支払いが命じられた。

 ヘイニー戦は計量で3.2ポンド体重オーバーしたガルシアがヘイニーから3度ダウンを奪って判定勝ち。しかし裁定はノーコンテスト(無効試合)に変更され、戦績はガルシアが24勝20KO1敗、ヘイニーは31勝15KO無敗に戻った。ガルシアはドーピング検査でA検体、B検体とも陽性反応を示した。

 裁定に不服なガルシアは「濡れ衣だ」、「勝利を奪われた」、「ボクシングは死んだ」などとソーシャルメディアで発信。不満を爆発させると同時に「オフィシャルにボクシングから引退する」と綴っている。また総合格闘技UFCから誘いが来ているとも発言。しかし大方は処分明け後の来年に復帰するのではと懐疑的な見方をしている。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事