July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBOフェザー級王者エスピノサ あすラスベガスで同胞チリノとV1戦

WBOフェザー級王者エスピノサ あすラスベガスで同胞チリノとV1戦

2024年6月21日 8時31分

 明日21日(日本時間22日)ラスベガスのフォンテンブロー・ラスベガスでゴングが鳴るWBOフェザー級タイトルマッチの計量が20日行われ、王者ラファエル・エスピノサ(メキシコ)、挑戦者2位セルヒオ・チリノ(メキシコ=以前はセルヒオ・チリノ・サンチェスと表記)との125.6ポンド(56.97キロ)をマーク。リミットの126ポンドに合格した。

王者エスピノサ(左)と挑戦者チリノ

 エスピノサ(24勝20KO無敗=30)は昨年12月、安定王座も予想されたロベイシー・ラミレス(キューバ)とのダウン応酬を制して戴冠。明日が初防衛戦になる。身長185センチの長身を誇り、ラミレス戦ではコンピュータ集計で1000発以上のパンチを放ち手数が旺盛なパンチャー。帝拳ジムの田中繊大トレーナーがトレーニングをサポートしている。

 チリノ(22勝13KO1敗=29)はメキシコ南部オアハカが地元。唯一の敗戦は元WBAフェザー級王者マウリシオ・ララ(メキシコ)に喫したもの。エスピノサ同様、メキシコではサンフェル・ボクシングにサポートされている。

 セミではWBO・S・フェザー級2位アンドレス・コルテス(米)が前回2月、WBC同級王者オシャキー・フォスター(米)に挑戦したアブラハム・ノバ(米=WBC5位)と空位のNABO・S・フェザー級タイトルを争う。129.7ポンド(58.83キロ)で合格したノバに対し、コルテスは130.8ポンド(59.33キロ)とリミットの130ポンドをオーバー。再計量に臨む。Photo by Mikey Williams/Top Rank

Related article
関連記事