May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ペレスが地元で暫定王座防衛

ペレスが地元で暫定王座防衛

2014年5月12日 13時24分

 WBAスーパーライト級暫定王者ジョアン・ペレス(ベネズエラ=WBA1位)が10日(日本時間11日)カラカス近郊ラ・グアイラでフェルナンド・モンテ・デオカ(ドミニカ共和国)を10回終了TKOで破り、防衛を果たした。

 連打とやりにくさで食い下がるドミニカ人に対し、途中で右拳を痛めたペレスは苦戦。しかし最後はパワーと地力で圧倒し、棄権に追い込んだ。

 これで19勝13KO1敗1分となったペレスのラファエル・モロン・マネジャーによると次戦はカネロvsララ戦の前座で、ダニー・ガルシアに善戦したマウリシオ・エレラ(米)が有力とのこと。また正規王者ジェシー・バルガス(米)挑戦の可能性もあるという。

 同日のアンダーカードに昨年、内山高志に挑戦したハイデル・パーラ(ベネズエラ)が出場。同国のラファエル・エルナンデスに3回TKO勝ちで再起2戦目を飾った。

Related article
関連記事