日本語

Home > ニュース > 大竹が骨折 日本SB級タイトル戦が延期に
ニュース

2014年7月10日 木曜日

大竹が骨折 日本SB級タイトル戦が延期に

大竹のV5戦が延期に(ボクシングニュース)
大竹秀典
 7月18日後楽園ホールで予定されていた日本S・バンタム級タイトルマッチ、王者の大竹秀典(金子)と同級6位古橋岳也(川崎新田)の一戦が、大竹のけがにより延期となった。

 大竹は先週末のスパーリングで負傷し、診断の結果、肋骨が2本折れていると判明。自身5度目となる防衛戦への出場を断念した。これにより当初は暫定タイトルを作るという案もあったが、挑戦者の古橋が大竹との対戦を強く希望。現時点で日程は未定だが、10月か11月に同じカードでタイトルマッチを行うことにした。

 タイトルマッチの延期により、当日はセミに予定されていた大保龍斗(横浜さくら)と濱田修士(小熊)の一戦がメインイベントに格上げとなる。

Related

関連記事