June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 大竹秀典クロスレンジに活路、11.22英国世界挑戦

大竹秀典クロスレンジに活路、11.22英国世界挑戦

2014年11月12日 18時47分

 22日(日本時間23日)に英国リバプールでWBA世界S・バンタム級王者スコット・クイッグ(英)に挑戦する前日本S・バンタム級王者の大竹秀典(金子)が都内のジムで練習を公開した。

大竹秀典が公開練習11.22世界挑戦(ボクシングニュース)
最終調整に励む大竹秀典

 日本フェザー級8位の片桐秋彦(川崎新田)との4ラウンドのスパーリングでは時折、右をもらうシーンも見られたが、これは今が疲労のピークで、思うように体が動かないこともあったようだ。それでも3、4ラウンドは大竹が攻勢だった。勤務している横浜ビールに1カ月の休暇をもらい、練習に集中できる環境の中で調整できており、「思った以上に練習に対する体の耐久力も上がり、充実した練習ができている」と大竹。最長14ラウンド、これまで合計73ラウンドのスパーリングを行なってきたという。

「いつもは2カ月の調整期間で140~150ラウンドになる。今回は1カ月なのでペースとしては大体同じ。その中で密度が濃く、悔いのない練習ができた」と金子賢司トレーナーも調整に自信を示した。今後は、最終のスパーリングで仕上げた後、体重調整をして本番を迎えるという。

 クイッグについて「ハンドスピードも速いし、体も強い。ガードも固くて、スキが少ないチャンピオン」とあらためて語った大竹だが、「接近戦よりも近い距離、腕を折りたたんで打つ距離では自分のほうが強いと思う」と得意のクロスレンジに活路を見い出す構え。

 長期戦になることは想定しつつも「常に勝負はかけていくつもり。向こうのパンチをもらう可能性もあるが、こちらのいいパンチが当たれば、序盤KOもあると思うし、倒して勝ちたい」と力強く語った。外国人選手との試合も海外遠征もキャリア初ながら「気にしていない」と大竹。だが、英国時間を意識して過ごすことを心がけているという。

 まず、16日に大竹と金子賢司トレーナーが日本を発ち、18日に後楽園ホールで主催興行があることもあって、金子健太郎会長は後から合流する予定になっている。

Related article
関連記事