April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 亀田和毅&大毅が渡米、4月に米国で3兄弟そろい踏み

亀田和毅&大毅が渡米、4月に米国で3兄弟そろい踏み

2015年2月13日 17時25分

 WBO世界バンタム級王者の亀田和毅と元世界王者の亀田大毅の兄弟が13日、渡米前の成田空港で報道陣の取材に応じ、長男の興毅を含めた3兄弟が4月中旬に米国で試合をすることを明らかにした。和毅はWBA同級正規王者ジェイミー・マクドネル(英)との統一戦が内定しているというが、試合会場と日程はまだ決まっていない。

亀田和毅&大毅が渡米、4月に3兄弟で試合(ボクシングニュース)
渡米前に取材に応じる亀田大毅(左)と和毅

 自身4度目となる防衛戦が統一戦となる可能性の高い和毅は「向こうで2ヵ月ちょっと、集中して仕上げる。(統一戦は)12月ごろからそういう話だし、相手の研究もしてきた。身長とリーチがある選手なので、マイアミで大きなパートナーも用意してもらった。次は大事な試合になる」と意気込みを語った。

 大毅は2013年12月のIBF・WBA世界S・フライ級王座統一戦で、敗れながらIBF王座を保持して騒動になった一件以来、リングから遠ざかっている。4月の試合が決まれば1年5ヵ月ぶりの試合となる大毅は「もう一度世界チャンピオンになりたいという気持ちがある。S・フライ級はないので、たぶんバンタム級になる。ブランク? 前にも1年くらい試合をしなかったこともあったし、練習していれば大丈夫だと思う」とコメントした。

 亀田3兄弟はJBCからライセンスの更新を認められず、日本国内で試合ができない状態が続いている。長男の興毅は昨年11月、シカゴで行われた和毅の防衛戦の前座に出場して復帰。マイアミには遅れて合流する。3兄弟とも同地調整し、帰国せずにそのまま試合に入る予定。

Related article
関連記事