May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > アブリルvsマシューズは4.18に延期

アブリルvsマシューズは4.18に延期

2015年2月19日 12時16分

アブリルがまた試合キャンセル(ボクシングニュース)
アブリル
■王者リチャード・アブリル(キューバ)の病気で延期された挑戦者デリー・マシューズ(英)とのWBA世界ライト級戦が4月18日にセットされた。会場は同じ英リバプールのエコー・アリーナ。仕切り直しのニュースに「地元ファンの前で必ず世界チャンピオンに就く」とマシューズは張り切っている。

■“ピノチョ”(ピノキオ)の愛称で呼ばれたメキシコのマネジャー兼トレーナーのヘラルド・グティエレス氏が16日メキシコシティ・テピートの自宅で亡くなった。84歳。国外では知名度が低いが、メキシコの業界では知らぬ人がいない名将の一人。手がけた世界王者はセサール・バサン、マーティン・カスティーリョ。年齢が近い故ホセ・スライマンWBC前会長とは良き友人同士だった。

■未来を嘱望されながらブランクでキャリアが頓挫していた元ホープ、ホセ・アギニカ(米)が先週木曜日、居住するカリフォルニア州でドラッグ所持で逮捕された。バンタム級でスタートしたアギニガは5年のブランクを経て12年に復帰。13年5月、S・フェザー級で試合が組まれたが計量前に昏倒し中止に。その後リングに上がっていない。33勝15KO無敗のままグローブを脱ぐことになりそうだ。

Related article
関連記事