0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年9月1日火曜日

マクドネルvs亀田和毅、日本時間7日ゴング

マクドネルvs和毅、今週末再戦ゴング(ボクシングニュース) 米テキサス州コーパスクリスティのアメリカンバンク・センターで6日(日本時間7日)、WBA世界バンタム級タイトルマッチが行われる。王者ジェイミー・マクドネル(英=写真左)と挑戦者で前WBO王者の亀田和毅(右)は5月に対戦し、マクドネルが小差の判定勝利(114-113×3)をものにした。ボクシングシーン・ドットコムが両者のコメントを報じている。

マクドネル「前回の試合では6ラウンドから自分のボクシングをすることができた。スロースタートになってしまったが、その後ハードにファイトして勝つことができた。亀田は私が対戦してきた選手の中で最もスピードがある。それで前回は3ラウンドに右をもらってダウンしたわけだが、今回はスパーリングで対策を練ってきた。試合が楽しみだ」

和毅「今回はチームを一新した。スパーリングでも練習でも以前よりよくなっている。トレーナーのイスマエル・サラスが素晴らしいゲームプランを立ててくれた。マクドネルはいいベテラン選手だが、私がより優れていることを次の試合で見せたい。チャンスが来ればKOを狙うが、大切なのは勝つこと。しっかりポイントを取っていく」

 今回が3度目の防衛戦となるマクドネルは26勝12KO2敗1分。前回の試合でキャリア初黒星を喫した和毅は31勝19KO1敗。当日は亀田3兄弟の次男、元2階級制覇王者の大毅の出場も決まっている。