2019年6月14日金曜日

勅使河原弘晶vs大森将平 8.8注目世界ランカー対決

 S・バンタム級の好カードがこの夏決定─。OPBF・S・バンタム級チャンピオンの勅使河原弘晶(輪島功一S)が8月8日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」で元日本バンタム級王者で世界挑戦経験のある大森将平(ウォズ)と対戦する。

8月に対戦する大森(左)と勅使河原

 WBOアジアパシフィック・バンタム級に続きOPBF・S・バンタム級王座を獲得し、波に乗っている勅使河原(19勝12KO2敗2分)が同王座の2度目の防衛戦。挑戦者に名乗りを上げたのが実力者、サウスポーの大森(20勝15KO2敗)だ。

 大森は17年4月、WBOバンタム級王座決定戦でマーロン・タパレス(比)に敗れ、翌年7月に再起。12月には元OOPBFバンタム級王者の山本隆寛(井岡)を3回TKOで下して健在ぶりをアピールした。

 勅使河原はIBF9位、WBO15位、大森はWBC13位にランクされている世界ランカー対決。勝者が世界挑戦に一歩近づく、この夏注目の一戦だ。