February
25
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上尚弥が世界にアピール、WBO総会へ渡米

井上尚弥が世界にアピール、WBO総会へ渡米

2015年10月26日 18時13分

 WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が26日、米フロリダ州オーランドで現地時間26日に開幕するWBO総会に出席するため、大橋秀行会長らと成田空港から渡米した。

米国に出発する井上、総会でも目玉になりそう

 2ヵ月後の12月29日に指名挑戦者ワルリト・パレナス(フィリピン)との初防衛戦が決まっている井上が、WBOからの熱いオファーを受けて総会に旅立った。「去年のナルバエス戦が評価されたと思う」と本人が語るように、昨年暮れに名王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に圧勝した試合は海外でも大きな反響を呼び、井上は今年の総会のいわば目玉と言えそうだ。

 大橋会長によると、井上は初防衛戦をクリアすれば、来年はアメリカに進出する可能性が高く、今回の総会出席は「INOUE」の存在を世界に知らしめるという目的もある。若きチャンピオンもそのことをよく承知しており「それなりのアピールをしたい。英語でスピーチ、自己紹介をするつもりです」と意欲満々。大橋会長も「第2のパッキャオのなる可能性もある。しっかりアピールしてきたい」と語った。

 米本土に行くのは初めてで「時差ボケをしてみたい」と語った井上。アメリカでの総会出席は、今後の海外進出に向けて貴重な経験となりそうだ。29日に帰国する予定。

Related article
関連記事