0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年11月11日水曜日

12.14戸部洋平が復帰戦、元アマ吉野修一郎は初陣

■前日本S・フライ級チャンピオンの戸部洋平(三迫=写真左)が12月14日、後楽園ホールの「ダイヤモンドグローブ/DANGAN148」でライアン・ビト(UNITED)と8回戦。戸部は昨年8月、石田匠(井岡)に王座を奪われて以来、1年3ヶ月ぶりのリング。この日は、日本S・フェザー級王者・内藤律樹(E&Jカシアス)vs挑戦者・尾川堅一(帝拳)、OPBF同級王者・伊藤雅雪(伴流)vs挑戦者・江藤伸悟(白井・具志堅S)のダブルタイトル戦がメイン。

■12月14日のリングでは、アマ通算104勝(55KO・RSC)20敗のレコードを持つ吉野修一郎(三迫=写真右)のデビュー戦も組まれた。吉野は栃木・作新学院高時代に選抜2度、インターハイと国体をそれぞれ1度を制覇。東京農大でもポイントゲッターとして活躍した。大学卒業後はサラリーマンになったが、1年あまりのブランクをへてプロ転向を決意。

■WBAが最新10月度ランキングを発表。IBF世界ミドル級王者デビッド・レミューを下して王座を統一したWBA同級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が月間MVPに選ばれた。米シカゴで亀田興毅を下して2度目の防衛を成功させたS・フライ級チャンピオン河野公平(ワタナベ)が次点。既にアナウンスされた通り、S・バンタム級スーパー王者だったギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)が休養王者に、S・ライト級王者のエイドリアン・ブローナー(米)がスーパー王者になった。