2020年6月26日金曜日

マロニー兄“ツインズ対決”に7回TKO勝ち 
バンタム級 WBOランク1位昇格が濃厚

 ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで今月9日からトップランクが開催しているイベント。2日前の23日、双子の弟アンドリューがWBA・S・フライ級レギュラー王座を失った兄のジェイソン・マロニー(豪)が25日(日本時間26日)同会場のメインに登場。バンタム級10回戦でレオナルド・バエス(メキシコ)に7回終了TKO勝ちを飾った。

 ゴールデンボーイ・プロモーションズの興行でリングに上がっていたバエスはWBA・S・バンタム級5位にランクされる24歳。10センチのリーチ差はアドバンテージになると思われた。しかしマロニーは2回から左ボディーを有効に決めてペースを掌握。バエスも3回、左ボディーを返したが、右目をカットする。

 スピードとパンチのコンパクトさで勝るマロニー(29)はその後も右を上下に浴びせてリードを広げる。6、7回もスキルの確かさを披露するマロニーが重厚なプレスをかけて前進を繰り返すメキシカンを支配。7回が終わるとバエスのセコンドが出血を理由に棄権をリクエストした。

 WBOバンタム級2位を占めるマロニーは21勝18KO1敗。同級1位のジョシュア・グリア(米)が先週、マイク・プラニア(フィリピン)に敗れる波乱。この勝利で1位昇格が濃厚となった。敗れたバエスは18勝9KO3敗。双生児のエドゥアルド・バエスもS・バンタム級ボクサーという珍しい対戦だった。

 セミのS・フェザー級10回戦は、WBA6位、WBO7位のアブラハム・ノバ(プエルトリコ=米)がエイベリー・スパロー(米)に3-0判定勝ち。スコアは99-91、97-93、96-94でナバ。


-->