日本語

Home > ニュース > 名城、勝ちに等しいドロー
ニュース

2009年10月1日 木曜日

名城、勝ちに等しいドロー

 30日夜、大阪府立体育会館第2競技場で行われたWBA世界S・フライ級戦は両者12回フルに戦った末のドロー。チャンピオン名城信男が2度目の王座防衛に成功した。
 名城がグイグイとプレッシャーをかけ、挑戦者ウーゴ・カサレスがそれをさばくパターン。スイッチを多用するカサレスのアッパーをまじえたコンビネーションに名城は手を焼いたが、ボディーを効かせ後半勝負に持ち込むと押せ押せの展開となる。11回からは得意の右ストレートを何度と直撃し、バテ気味の指名挑戦者をのけぞらせ続けた。最終12回の猛攻ではカサレスをダウン寸前に追い込み、試合終了のゴング。終始クロスした接戦を物語るかのようにスコアは116-112、112-116、114-114で三者三様だったが、勝ちに等しいドローだった。
 名城は採点については「分からなかった」としたが「最後は倒したかった」とコメント。1位挑戦者を相手にベルトを守った安ど感が漂っていた。

Related

関連記事