日本語

Home > ニュース > プロ4戦目 暫定王者モレルが体重超過 
WBA・S・ミドル級はノンタイトル戦に変更
ニュース

2020年12月26日 土曜日

プロ4戦目 暫定王者モレルが体重超過 
WBA・S・ミドル級はノンタイトル戦に変更

 明日26日(日本時間27日)ロサンゼルスのダウンタウンのエクスポジション・センターで開催されるイベント計量が25日行われた。メインで予定されたWBA・S・ミドル級王座決定戦は、暫定王者デビッド・モレル(キューバ)がリミット168ポンドを2ポンド超過する170ポンド(77.11キロ)を計測。同級11位マイク・ガブロンスキ(米)は167.4ポンド(75.93キロ)で合格したが、試合はノンタイトル10回戦に変更された。

体重超過のモレル

 22歳のモレルは8月、プロ3戦(3勝2KO)で暫定王座を獲得。先日、同級レギュラー王座だったサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)がスーパー王者カラム・スミス(英)に勝利したため、WBAはこの試合をレギュラー王座決定戦に認定していた。同級にはこれらの王者のほか、ゴールド王者フェドール・チュディノフ(ロシア)も存在している。

 セミ格では元プロスペクトで、カネロ・アルバレスや石田順裕らと対戦したジェームズ・カークランド(米)がフアン・マシアス・モンティエル(メキシコ)とS・ミドル級10回戦。カネロ戦から3試合目となるカークランドは162ポンド(73.48キロ)、元3階級制覇王者フェルナンド・モンティエルの甥ファン・マシアスは161.4キロ(73.21キロ)をマークした。イベントは地上波のFOXが米国内に中継する。Photo by Sean Michael Ham

Related

関連記事