2016年6月18日土曜日

IBF1位ウスカテギ、女子王者アナベルらあす登場

  メキシコ・ティファナで明日18日(日本時間19日)挙行されるイベントの計量が17日同地のショッピングモールで行われた。10回戦に出場するIBF・S・ミドル級1位ホセ・ウスカテギ(ベネズエラ=メキシコ)は169ポンド(76.66キロ)、相手のデリック“スーパーマン”フィンドリー(米)は170.5ポンド(77.34キロ)を計測した。

 ウスカテギ(24勝20KO1敗)は昨年10月以来のリング。その試合でIBF1位の座を獲得したが、ケガなどで王者ジェームズ・デゲール(英)への挑戦を見送った。相手のフィンドリー(23勝15KO19敗1分1無効試合)は現WBO王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)とフルラウンド戦った実績があり、好試合が期待される。

 同じリングでWBA女子ミニマム級王者アナベル・オルティス(メキシコ)がジョレン・ブラックシーア(米)と防衛戦。計量で両者ともリミット105ポンド(47.62キロ)をマーク。オルティス(20勝3KO3敗)は日本で多田悦子(真正)から獲得したベルトの7度目の防衛戦となる。

 メインはプロモーターのサンフェル・プロモーションが売り出すウェルター級カルロス・オカンポ(メキシコ)が同国のラムセス・アガトンと10回戦。オカンポは148ポンド(67.13キロ)、アガトンは148.5ポンド(67.36ポンド)だった。Photos/Zanfer Promotions