2017年3月15日水曜日

小澤瑤生が世界初挑戦、WBO女子L・フライ級

  フュチュールジムは15日、所属の小澤瑤生が5月14日、京都のKBSホールでWBO女子世界L・フライ級王座決定戦に出場すると発表した。対戦相手はホン・ソヨン(韓)。

 小澤は12勝4KO3敗の31歳。15年4月にOPBF女子S・フライ級王座を獲得した。その後も昨年5月にメキシコで元世界王者マリアナ・フアレスとWBCインターナショナル同級王座を争うなど、主にS・フライ級を主戦場としたきたが、今回はL・フライ級に下げてのチャレンジとなる。

 ホンは14勝7KO1敗1分の30歳。12年に元WBO女子ミニマム級王座を獲得し、日本の安藤麻里を下すなど3度防衛。V4戦で山田真子に王座を奪われた。現在は日本未公認のWIBAのL・フライ級タイトルを4度防衛中。

 WBO女子L・フライ級は昨年8月、竹中佳(高砂)との王座決定戦を制したルイサ・ホートン(豪)が王者となり、初防衛戦で藤岡奈穂子(竹原&畑山)の挑戦を受ける話が進んでいたが、最終的にタイトルを返上。王座は空位となっている。