May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > モズリー、カノと復帰戦 トンプソンも登場

モズリー、カノと復帰戦 トンプソンも登場

2013年5月18日 14時22分

 元ライト級、ウェルター級、S・ウェルター級世界チャンピオン“シュガー”シェーン・モズリー(米)が昨年のカネロ・アルバレス戦以来1年ぶりにリングに立つ。モズリーは明日18日(日本時間19日)メキシコのリゾートタウン、カンクンでパブロ・セサール・カノ(メキシコ)と12回戦を行う。

 
モズリー(右)とカノのフェイスオフ

 17日の計量でモズリーは146.6ポンド(66.5キロ)、カノは145.5ポンド(66.45キロ)を計測。試合はWBCインターナショナル・ウェルター級王座決定戦。勝者が来月予定されるポール・マリナージ×エイドリアン・ブロナー戦(WBAウェルター級戦)の勝者と戦う可能性がある。

 モズリー(46勝39KO8敗1分)はアルバレス戦の後、現役引退を発表したが、カムバックを決意。実はその前のパッキアオ戦後アキレス腱を切断し、体調が万全でなかったことが引退宣言の理由だったという。それが完治し再びウェルター級で王者を目指す。41歳のモズリーには今回、キャリア初期コンビを組んでいた実父ジャック・モズリーがコーナーに就く。

 カノ(26勝20KO2敗1分)もジョアン・ペレス(ベネズエラ=6月8日に米国で亀海喜寛と対戦)を下しWBA・S・ライト級暫定王者に就いており、実力は実証済み。ベテランを向こうに回し予想は有利と出ている。

 同じリングではWBC世界S・フェザー級新チャンピオン三浦隆司(帝拳)の指名挑戦者セルヒオ・トンプソン(メキシコ)がグスタボ・サンドバル(コロンビア)とライト級10回戦。ウェイトはトンプソンがリミットの135ポンド(61.23キロ)、サンドバルが133.4ポンド(60.51キロ)だった。Photo/SUMIO YAMADA

Related article
関連記事