0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年6月16日日曜日

全日本新人王MVPの竹本雄利 凱旋試合初回TKO勝ち

 クラトキジム主催の「第25回紀の国KOボクシング」は16日、和歌山市の和歌山ビッグウェーブで開かれ、メインには昨年の全日本新人王MVPの竹本雄利(23=クラトキ)が登場した。

竹本は初回に3度ダウンを奪って快勝

 日本フェザー級16位のサウスポー竹本はインドネシア同級8位、キキ・マルシアノ(インドネシア)に立ち上がり鋭い左ボディを放ってダウンを奪うと、立ち上がったマルシアノに猛然とラッシュ、2度ダウンを追加して、1回2分39秒TKO勝ち、地元和歌山への凱旋試合を飾った。竹本は7勝4KO1敗1分。写真提供・クラトキジム

◇58キロ8回戦
竹本雄利(クラトキ)[TKO1回2分39秒]キキ・マルシアノ(インドネシア)

◇58キロ8回戦
小坂烈(真正)[TKO2回1分14秒]アンショリ・アンハー(インドネシア)

◇バンタム級8回戦
池上渉(Reason郡山)[KO2回1分45秒]杉森太一(真正)