0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年8月8日木曜日

京口紘人が大阪府知事を表敬訪問 
10.1久田哲也との大阪決戦に100人招待

 WBA世界L・フライ級スーパー王者、京口紘人(25=ワタナベ)が8日、大阪府庁を訪問。吉村洋文知事に初防衛の報告をしたのに続き、10月1日、エディオンアリーナ大阪で開催される同級1位、久田哲也(34=ハラダ)との大阪出身同士の2度目の防衛戦に向けての決意を表明、大阪の子どもたち100人を会場に招待したいと申し入れた。

吉村府知事を表敬訪問した京口

 京口は渡辺均・ワタナベジム会長、井上孝志トレーナー、大阪後援会会長の溝畑宏・大阪観光局長らとともに吉村知事と面談。吉村知事に「2階級を制覇されたのは偉大で、大阪の誇りです。大阪の代表として感謝しています。大阪を元気に盛り上げていくためにさらに頑張ってください」とねぎらいと励ましの言葉を受けた。

 吉村知事にWBAのベルトとリングマガジンの2本の輝くベルトを披露した京口は「和泉市出身の僕と堺市出身の久田選手と10月1日に戦いますが、大阪の家族20組100人を当日招待します。試合前に子どもたちにリングに上がってもらって、大きな舞台に立てるすばらしさを感じてくれればうれしい」と子どもたちに夢をプレゼントする計画を語った。吉村知事は「当日は府議会本会議がありますが、大阪の子どもたちが招待されるので、私も都合をつけて駆け付けます」と喜んだ。

 京口は10日まで大阪に滞在。在阪のラジオ局4局の番組に出演して「大阪決戦」をアピールするとともに、夜は堺市のディアマンテジムで井上トレーナーとともにジムワークを続ける。東京に戻った後、19日から27日までフィリピンのパッキャオジムなどでスパーリング中心のキャンプを行い試合に備えていく予定。