0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年11月26日火曜日

平岡アンディがトップランクと契約 30日米デビュー

 IBF世界S・ライト級14位の平岡アンディ(23歳=大橋)がトップランクと契約を結んだ。30日(12月1日)、米ラスベガスのコスモポリタンでロヘリオ・カサレス(米=13勝5KO8敗)と米国デビュー戦を行う。大橋ジムが26日発表した。

今週末に米デビュー戦の平岡。24日に渡米=大橋ジム提供

 米大手プロモーションのトップランクと契約した日本人選手は、村田諒太(帝拳=WBAミドル級王者)、伊藤雅雪(横浜光=前WBO・S・フェザー級王者)、岡田博喜(角海老宝石=WBOアジアパシフィックS・ライト級王者)、井上尚弥(大橋=WBAスーパー・IBFバンタム級王者ら)。平岡は日本タイトル獲得などの実績がない中で将来性を見込まれての契約となった。

 ガーナ人の父と日本人の母の間に生まれた平岡は2013年12月プロデビュー。長身サウスポーで戦績は14勝9KO無敗。今年7月、世界タイトルマッチ経験を持つ近藤明広(一力)を下して世界ランク入りをはたした。以下は大橋ジムから発表されたコメント。

平岡アンディの話「素晴らしいプロモート会社とこんなに早く契約できるとは思っていなかったです。今まで以上に気持ちを引き締めたいです。米国デビュー戦もラスベガスと大橋会長から聞いた時、叫びたいぐらいうれしかったです。以前、ラスベガスに滞在してスパーリングした経験もありますし、100%以上の力が出せそうです。今はすごく試合を楽しみにしていますので、応援よろしくお願いいたします」

大橋秀行会長の話「7月ぐらいにトップランク社から契約の話が届きました。アンディには日本人にはないタイミング、バネの効いたパンチングがあります。またTBS系列で放送された『さんまのスーパーからくりテレビ』にもアンディ君として登場し、当時は弱気な設定でしたが今は強気なボクサーになりました。アンディについて米国内ではバスケットボール八村塁選手、女子テニス大坂なおみ選手のようなユニコーンと報道されていますし、私は本当にそのような存在になってほしいと思っています」