0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年8月8日木曜日

日本王座戦中止で堀川謙一が拳四朗とスパー 
三迫仁志・名誉会長追悼セレモニー

 日本L・フライ級チャンピオンでWBC&IBF同級5位にランクされる堀川謙一(三迫)が8日、後楽園ホールでWBC世界同級王者の拳四朗(BMB)とスパーリングを行った。堀川はこの日、日本王座の2度目の防衛戦を行う予定だったが、挑戦者大保龍斗(横浜さくら)の棄権により、前日に試合中止が決まっていた。

堀川(右)は拳四朗とのスパーリングを披露した

 堀川はかつて日本王座を奪われた相手でもある拳四朗と2ラウンドのスパーリング。39歳のベテランは試合が中止になったことを謝罪した上で「最近ウエートが作れないとか、キャンセルになる試合が多い。試合が決まった時点でリングに上がるのはボクサーの責任。責任を持ってリングに上がるようにこれからはしてもらいたい」とリング上から苦言を呈した。

 さらにはスパーリングを振り返りながら「自分はまだまだ。拳四朗選手のようになれるよう努力していきます」と世界を目指す考えを表明した。

 7月にWBC王座の6度目の防衛に成功した拳四朗は急きょの出場で、「突然すぎて恥ずかしかったけどリングは楽しかった。体が大きい? 内緒でお願いします」と苦笑い。「まだ成長できると思う。強くなった僕を試合会場に見に来てほしい」とさらなる防衛を誓った。

追悼セレモニーは輪島会長(中央)らがリングに上がった

 また、メインの前には今月1日に亡くなった三迫ジムの三迫仁志・名誉会長の追悼セレモニーが行われた。選手として功績を残した三迫・名誉会長は1960年に三迫ジムを創設。3人の世界王者を育てたほか、日本プロボクシング協会の会長を務めるなど、日本のボクシング界の発展に大きく貢献した。

 リングには輪島功一、友利正の両元世界チャンピオンのほか、長男の三迫貴志・現会長らが上がり、10カウントゴングが打ち鳴らされた。

 三迫・名誉会長の葬儀はあす9日18時から通夜、10日午前10時から告別式が、東京都品川区西五反田の桐ケ谷斎場で営まれる。

鈴木は有岡をボディで沈めた

◇ライト級8回戦
鈴木雅弘(ワールドS)[KO2回2分18秒]有岡康輔(三迫
 日本ライト級6位の有岡に東農大出身でプロ3戦目の鈴木が挑んだ。鈴木は初回に有岡を右で倒し、有岡の反撃を食らうこともあったが、2回に左ボディをカウンターで決めて10カウントを聞かせた。鈴木は3勝2KO。有岡は9勝8KO4敗1分。