July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > KO防衛期待して 王者井岡が公開練習

KO防衛期待して 王者井岡が公開練習

2013年5月1日 10時34分

 
好調の井岡(左)

「KOを期待していいですか?」の質問に「期待通りの試合ができると思います」と王者の余裕――8日大阪で予定されるダブル世界タイトル戦に登場するWBA世界L・フライ級チャンピオン、井岡一翔(井岡)が30日午後大阪市内の所属ジムで報道陣に練習を公開。順調な仕上がりぶりをアピールした。

 

昨年暮れに獲得した2つ目の世界王座の初防衛戦。挑戦者2位、ウィサヌ・ゴーキャットジム(タイ)は2011年2月の初王座獲得戦以来のサウスポーとなるが、「自信はある。問題なく戦えると思う」(本人)、「アマで95戦して半分以上はサウスポーだったから」(父一法さん)と、チャンピオン陣営にニガ手意識はない。ジムの後輩2人を相手にした計3ラウンドのスパーリングでも、上下に速いパンチを打ち分けながら、右ストレートをカウンターで決めるなど、サウスポー対策は十分とうかがわせた。

 昨年度のMVP男にとっては今年初めての試合。「賞に恥じないよう、品格を欠かずにチャンピオンの強さを表現できたらいい」と頼もしいコメントも飛び出した。そして「007のジェームズ・ボンドのように、何ごともなかったように終わらせたい」と、お気に入りの映画のヒーローを例に挙げてカッコいい勝利を約束した。

Related article
関連記事