0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年11月17日日曜日

井上尚弥がリング誌PFPランキング3位に

 米老舗ボクシング雑誌「リング」は16日、最新のパウンド・フォー・パウンド・ランキングをホームページ上で発表。前回まで4位だったWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋=写真)が3位にランクアップした。

 井上は7日、さいたまスーパー―アリーナで行われたWBSSバンタム級決勝でWBAスーパー王者だったノニト・ドネア(比)に判定勝ち。苦しみながら勝利した試合をへて、世界的に権威のある同誌PFPランキングで初のトップ3入りとなった。

 リング電子版によると、井上を3位にするか、WBOウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)を3位にとどめるかで、ランキングを決めるパネリストの間で大いに議論が交わされとのこと。

 井上を3位どころか1位に推す声がある一方で、井上を4位にとどめるとの意見の一つは、直近の5試合で2敗しているベテランのドネア相手に苦戦したというもの。「彼はこの戦いから多くのものを学ぶことになる」(ウェインライト氏)。才能を認めつつも、まだトップ3は“早い”とでも言いたげだ。

 一方で、現WBOウェルター級王者クロフォードのここ数試合の対戦相手、パフォーマンスを評価しない声もあった。総合的な議論の結果、この1年半でバンタム級の新旧王者であるジェイミー・マクドネル(英)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、ドネアに立て続けに勝利してきた井上がクロフォードを抜いて3位になった模様だ。

■リング誌PFPランキング
1 サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)
2 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
3 井上尚弥(大橋)
4 テレンス・クロフォード(米)
5 オレクサンデル・ウシク(ウクライナ)
6 エロール・スペンスJr(米)
7 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
8 フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
9 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)
10 マニー・パッキャオ(比)