July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本1勝3敗も東郷初回TKO勝ちの殊勲

日本1勝3敗も東郷初回TKO勝ちの殊勲

2013年4月28日 20時27分

 メキシコシティのアレナ・メヒコで27日(日本時間28日)行われた「メキシコ×日本対抗戦」はメキシコが3勝1敗で勝ち越したが、女子戦でアップセットが起きた。

 
片桐(右)はゴンサレスに完敗

 メインでは元2階級制覇王者ジョニー・ゴンサレスが貫禄を見せて片桐秋彦(川崎新田)に4回TKO勝利。スタートから優位に立ったゴンサレスが4回一気にスパート。片桐を2度倒しストップした。タイムは1分18秒。ゴンサレスはWBCインターナショナル・フェザー級王座を防衛。

 
殊勲の勝利を挙げた東郷

 番狂わせの主役は東郷理代(アルファ)。“バービー人形”ことマリアナ・フアレス(元WBC女子フライ級チャンピオン)と対戦した東郷は左ショートカウンターをアゴに命中させてフアレスを倒す。立ち上がったが、レフェリーは続行を許さなかった。タイムは初回1分58秒。WBC女子S・フライ級インターナショナル王座を獲得。

 ダンテ“クレージー”ハルドンのWBC米大陸S・フェザー級王座に挑んだ金井アキノリ(真正)はタフネスで対抗したが、自慢のパワーを武器にハルドンが押し気味に。2011年に玉越強平に不覚をとったハルドンだが、この日は8回、集中打を浴びせストップした。タイムは2分23秒。

 アマで亀田和毅に勝ったキャリアを持つレイ・バルガスとWBCユース・シルバーS・バンタム級王座を争った高野誠三(真正)は勇敢に対抗。しかし左の名手バルガスは3回、ボディー打ちで倒した後、畳み掛けてストップを呼び込んだ。タイムは2分22秒。Photos/BoxingScene.com

Related article
関連記事