0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年11月29日金曜日

中嶋一輝、古谷昭男らが日本ランキング入り

 日本ボクシングコミッション(JBC)は29日、最新11月度の日本ランキングを発表した。タイトルマッチは1試合で、S・ウェルター級王者の松永宏信(横浜光)が初防衛に成功した。

日本7位になった中嶋、右は同門の井上

 新たに日本ランキング入りしたのはS・フライ級10位の古谷昭男(六島)、バンタム級7位中嶋一輝(大橋)で、ともにランカーを破った試合を評価された。ウェルター級ではベテランの尹文鉉(ドリーム)が12位に再ランク。

 1階級下げて再起戦を行い、ランカーの有岡康輔(三迫)を初回KOで下した前S・ライト級王者の細川バレンタイン(角海老宝石)はライト級の3位に。細川は今後さらに落としてS・フェザー級で戦う考えを明らかにしている。

 タイトル挑戦権を有さない13位以下にはS・ライト級15位の石脇麻生(寝屋川石田)らが入った。