excitematch

excitematch

2020年1月23日木曜日

日本ヘビー級の第一人者 藤本京太郎が現役続行へ

■前日本、OPBFヘビー級王者で、WBOアジアパシフィック同級王座を保持する藤本京太郎(角海老宝石=写真)が現役続行へ─。藤本は12月21日、英ロンドンでWBOインターナショナル王者ダニエル・デュボア(英)に挑んで2回KO負け。日本ヘビー級の第一人者はこの試合を一つの集大成と位置付けていただけに今後が心配されたが、所属ジムによると現役を続行するという。再起戦は6月以降になる見込みだ。

■同じ角海老宝石ジムの日本S・フライ級12位、福永亮次は2月14日、後楽園ホール「SLUGFEST.14」のメインでWBOアジアパシフィック同級王者フローイラン・サルダール(比)にチャレンジ。2016年全日本新人王の福永(11勝11KO4敗)は18年6月のOPBFシルバー王座戦に次ぐタイトルマッチ。昨年9月、村地翼(駿河男児)との王座決定戦を制して戴冠したサルダール(31勝22KO3敗1分)は初防衛戦。

■日本バンタム級8位の千葉開(横浜光)は3月30日、中国遼寧省でWBAアジア王者ジュン・ジャオ(中)に挑戦。千葉(12勝8KO1敗)は3度目の海外遠征で初タイトル戦。WBA同級14位にランクされるジャオは13勝10KO2敗1分。昨年9月、仁平宗忍(ワタナベ)に8回TKO勝ちしている。