2020年3月19日木曜日

サンダースがベガスで練習 入国制限前滑り込み 
カネロvs.ゴロフキン第3戦は9月開催目指す

 WBO世界S・ミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英=写真)が先週ラスベガスに飛び、サウル“カネロ”アルバレス戦へ向けてトレーニングを開始した。米国政府は現地時間の16日、新型コロナウイルス対策として英国とアイルランドを欧州からの入国制限国に追加したが、サンダースはそれ以前にラスベガスに到着した。

 現地でサンダースはトップランクジムでスパーリング中心の練習を行っている。カネロvs.サンダースは当初、5月2日ラスベガスで開催が内定していた。しかし、スポーツイベントの中止、ラスベガスのホテル&カジノの封鎖のため、現在は6月開催を目指している。それを踏まえてサンダースはコロナウイルスが猛威を振るう中、特訓を実行している。

 一方、カネロのプロモーターのゴールデンボーイ・プロモーションズとストリーミング配信DAZNはカネロとゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の第3戦を9月12日に設定したい意向を明かした。

 WBCミドル級フランチャイズ王者のカネロはサンダースを下すことが条件となる。対するIBF同級王者ゴロフキンは次戦で指名挑戦者カミル・シェルメンタ(ポーランド)を破る必要がある。それでもコロナウイルス禍で思惑どおりに試合を開催できるか不透明で、予断を許さない状況が続く。