WOWOWO井上

WOWOWO井上

2020年9月27日日曜日

WBCミドル級王者チャーロ兄 難敵に判定勝ち 
WBA・S・バンタム級フィゲロアはTKO防衛

 米コネチカット州アンキャスビルのモヒガンサン・アリーナで26日(日本時間27日)行われたWBC世界ミドル級タイトルマッチは、王者ジャモール・チャーロ(米=写真)が挑戦者1位セルゲイ・デレフヤンチェンコ(ウクライナ)に12回3-0判定勝ち。暫定王座から数えて4度目、正規王座は3度目の防衛に成功した。

ジャモール(左)は最後までジャブの威力が衰えなかった

 シャープなジャブを突くチャーロに2回、挽回したデレフヤンチェンコだが3回終了間際、チャーロの右強打から左フックを食らって腰砕け。辛うじてダウンを免れる。

 その後アウトボクシングを展開するチャーロに挑戦者は激しく肉迫。しかしチャーロのジャブは威力があり、デレフヤンチェンコは左目がみるみる腫れ出す。中盤から出血にも悩まされるデレフヤンチェンコだがプレスをかけ続ける。しかし8回、右でウクライナ人を一瞬棒立ちにさせた王者が終盤もペースを渡さず、116-112,118-110,117-111のスコアでベルトを守った。

■ミドル級世界王者
WBAスーパー サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)
WBA 村田諒太(帝拳)
WBCフランチャイズ サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)
WBC ジャモール・チャーロ(米)
IBF ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
WBO デメトゥリアス・アンドラーデ(米)

防衛に成功したS・バンタム級のフィゲロア(左)

 同じリングのWBA・S・バンタム級レギュラー王座タイトルマッチは、王者ブランドン・フィゲロア(米)が挑戦者14位ダミアン・バスケス(米)に10回1分18秒TKO勝ちで防衛を果たした。

 サウスポーの挑戦者に対し、自身もスイッチを繰り返すフィゲロアが終始プレスをかけてリード。時おり右ジャブを突き刺すバスケスだが、王者の迫力に押される。

 6回あたりから右目が腫れ出したバスケスはそれでも抵抗したが以降、試合は一方的。10回開始前のドクターチェックで続行が許されたバスケスだが、連打を浴びたところでストップがかかった。Photos from Amanda Westcott/SHOWTIME


-->