日本語

Home > ニュース > 12.3宮尾綾香vs.多田悦子 WBO女子ミニマム級戦 
今年1月はドロー 元女子世界王者対決再び
ニュース

2020年10月20日 火曜日

12.3宮尾綾香vs.多田悦子 WBO女子ミニマム級戦 
今年1月はドロー 元女子世界王者対決再び

 ワタナベジムは20日、12月3日の後楽園ホールでWBO女子世界ミニマム級王座決定戦を開催すると発表した。宮尾綾香(ワタナベ)と多田悦子(真正)による元世界王者対決で、ドローだった今年1月以来の再戦となる。

多田(左)と宮尾、今年1月の計量から

 WBA女子アトム級王座を5度防衛した宮尾(37歳、23勝6KO8敗2分=JBC非公認時代を含む)はWBAアトム級暫定王座につき、昨年9月に正規王者に敗れた。当初は9月、ベトナムでWBOミニマム級王座決定戦が組まれたが、新型コロナウイルスの影響により中止となった。

 一方の多田(39歳、19勝5KO3敗3分)はWBA女子ミニマム級王座を9度防衛し、その後IBFアトム級王座、WBOアトム級王座を獲得。今年1月、宮尾とのWBOミニマム級王座決定戦は三者三様のドローだった。今回が18度目の世界戦となる。

宮尾綾香のコメント「このコロナ禍で世界戦を決めて頂いたこと、大変ありがたく思います! しかも、多田選手との再戦なので今回はしっかり勝負をつけたいと思います」


Related

関連記事