日本語

Home > ニュース > 世界のPFPランキング 欧米4メディアをチェック 
カネロ、井上尚弥、クロフォードは不動 新たな動きは?
ニュース

2021年1月11日 月曜日

世界のPFPランキング 欧米4メディアをチェック 
カネロ、井上尚弥、クロフォードは不動 新たな動きは?

 2021年のスタートにあたり欧米メディアが発表しているパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングをあらためてチェックしてみよう。選んだのはアメリカの老舗ボクシング雑誌ザ・リング、スポーツ専門局のESPN、ボクシング専門サイトのボクシングシーン、そして100年以上の歴史を持つイギリスのボクシングニュースの4つだ。

左からクロフォード、井上、カネロ

 4メディアともに1位から3位の顔ぶれは共通している。当代のスーパー・スター、現在はS・ミドル級でキャリアを進行するサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が3メディアで1位。ESPNだけWBOウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)を1位にしているが、12月のカネロの試合前のランキングであり、今後は変化が出ることもあるかもしれない。

 WBAスーパー・IBFバンタム級王者の井上は3メディアで2位、1メディアで3位とすっかり世界トップスリーのポジションが定着した。さらに高い評価を得るためには、いい相手に恵まれるかどうかにかかっているだろう。

 4位以降はウェルター級2冠王者のエロール・スペンスJr(米)、クルーザー級4冠王者からヘビー級に進出したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、昨年ライト級4冠王者となってブレイクしたテオフィモ・ロペス(米)、そのロペスに敗れたワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が4メディアで顔をそろえている。

 ヘビー級は3冠王者のアンソニー・ジョシュア(英)が圏外で、WBC王者タイソン・フューリー(英)がボクシングニュースとESPNで8位と評価はあまり高くない。ミドル級ではかつてPFPランキング上位の常連だったIBF王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がボクシングニュースで9位、ESPNが10位にランクしている。

 井上が群を抜く軽量級では、ほかにWBC・S・フライ級王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が3メディアで8位と9位にランク。アメリカの老舗ボクシング雑ザ・リングが井岡一翔(Ambition)を10に入れているのが目を引く。

 2021年のボクシングはパウンド・フォー・パウンド・ランキングを頭の片隅に入れながら海外ボクシングを楽しみたい。以下、4メディアのランキング。

  ザ・リング ESPN ボクシングシーン ボクシングニュース
1 カネロ T・クロフォード カネロ カネロ
2 井上尚弥 カネロ 井上尚弥 井上尚弥
3 T・クロフォード 井上尚弥 T・クロフォード T・クロフォード
4 O・ウシク E・スペンス E・スペンス O・ウシク
5 E・スペンス T・ロペス T・ロペス T・ロペス
6 T・ロペス V・ロマチェンコ O・ウシク E・スペンス
7 V・ロマチェンコ O・ウシク A・ベテルビエフ V・ロマチェンコ
8 F・エストラーダ T・フューリー J・エストラーダ T・フューリー
9 J・テイラー J・エストラーダ V・ロマチェンコ G・ゴロフキン
10 井岡一翔 G・ゴロフキン J・テイラー G・デイビス

 

Related

関連記事