日本語

Home > ニュース > WBAヘビー級王者チャー ついに王座はく奪? 
フロリダのドン・キング興行は行方が混沌
ニュース

2021年1月27日 水曜日

WBAヘビー級王者チャー ついに王座はく奪? 
フロリダのドン・キング興行は行方が混沌

 今週金曜日29日(日本時間30日)米フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハードロック・ホテルで予定されるドン・キング氏のイベントがなおも混とんとしている。メインのWBAヘビー級戦はブランクが3年を越したレギュラー王者マヌエル・チャー(ドイツ=シリア)が暫定王者トレバー・ブライアン(米)の挑戦を受ける運びとなっている。幸いチャーは米国入国ビザが発給されたが26日の時点でまだドイツにおり、関係者をやきもきさせている。

 キング氏はチャーが出場できない場合、同じカードに出場予定の元WBCヘビー級王者バーメイン・スタイバーン(ハイチ=カナダ)とブライアンとの王座決定戦を計画。チャーの王座をはく奪して休養王者にシフトすることをWBAに要求している。そもそもWBAがいまだにチャーを王者として認定しているのが混乱の原因だが、チャー自身は飼い殺し状態にされているキング氏へ不満をぶちまけている。

 またセミで予定されるWBAクルーザー級レギュラー王者ベイブ・シュメノフ(カザフスタン)vs.挑戦者ラファエル・マーフィー(米)もシュメノフが態度を硬化させていると言われ、開催が危ぶまれている。

 果たしてイベントは無事に行われるのか? キング氏は19ドル95セントのPPV中継を設定している。

Related

関連記事