日本語

Home > ニュース > 16勝16KOのオルティス 元王者フッカーと対戦 
殿堂入りセレモニーが2021年も延期に
ニュース

2021年2月3日 水曜日

16勝16KOのオルティス 元王者フッカーと対戦 
殿堂入りセレモニーが2021年も延期に

■デビューから16戦全KO勝ちのバージル・オルティス(米)が3月20日、前WBO・S・ライト級王者モーリス・フッカー(米)と対戦する。開催地はテキサス州アフォートワースのディッキーズ・アリーナと発表された。22歳のオルティスはWBAウェルター級ゴールド王者に認定されている。31歳のフッカー(27勝18KO1敗3分)は19年にWBC王者ホセ・ラミレス(米)との統一戦に敗れ、同年12月の再起戦に勝利。試合はWBOインターナショナル・ウェルター級戦として行われる。

こちらは元WBO・S・ライト級王者フッカー

■国際ボクシング名誉の殿堂博物館は6月に予定している殿堂入りセレモニーを来年に延期すると発表した。新型コロナウイルスにより「不確定な要素が多い」というのが理由。1年延期は昨年に続いて2度目となる。これにより2022年に20年から3年分の殿堂入りボクサーを表彰する。

■元パウンド・フォー・パウンド(PFP)キングのフロイド・メイウェザー氏が今月20日予定していた人気ユーチューバー、ローガン・ポールとのエキシビションマッチが延期に。新たなスケジュールが後日発表されるという。

Related

関連記事